読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間を持て余したOLのブログ

24歳 接客系職に就くOLのブログ ( 前:しゃしいんいつに生きたいの )

【海葬】ご納骨にお困りの方へ。海洋散骨のご紹介

お久しぶりです。おそらく2月になって最初で最後となる記事です。

今日はこんなタイミングですが

「海洋散骨」

いわゆる「海葬」について色々と調べたので

ご紹介いたします。

 

ご納骨にお困りの方もぜひご覧になってください。

 

 

「海洋散骨」いわゆる「海葬」とは

名前の通り、粉末状にしたご遺骨を美しい自然の海へ撒く送り方。

お墓をお持ちでない方、信仰心のない方、

海や自然に想い入れのある方に人気のお墓に納骨しない送り方。

 

1 お墓を購入・維持・管理する際の費用の問題

2 お墓を守ってくれる子孫がいない

3 宗教離れ

4 お一人様高齢者の増加

5 ご遺骨の処分に困った時の海洋散骨選択

 

主にこんな問題をもたれる方が選択されるそうです。

 

実というと私自身の納骨にも

こちらを採用させてもらおうかなぁと感じております。

 

やはり、とにかくお金が心配です。

将来、遺族にすこしでも楽させてあげたいので

自分の納骨(葬式も含め)には

お金をかけないでほしいという願いがあります。

 

経済情勢を含め

自分がこれから十分に稼いでいけるかもわからないし、

だったらすこしでも負担を減らしてあげたいなと思いまして。

 

ちなみにこの「海洋散骨」のお値段なのですが

こちらの終活なびさんがやられている

【シンプル葬の海洋散骨】 では

なんと

総額49,000円

でやってくれるそうなのです。

 

 

 

本来の納骨ですと約15万円~30万円かかるのに

対してこのお値段。

っていうとちょっとあれですが、私は普通の納骨に

うん十万かかる方が驚きです…

本当にお葬式に関わる費用は高いんですね…

 

 

とはいえ、この海葬。

昔の感覚でみれば、とんでもない弔い方だ!と叩かれそうですが

やはり、最近になって支持が出てきているそうです。

 

海洋散骨は近年の流行りと共に急速に認知されていて、神奈川県が2013年に行った意識調査によると、22.6%もの人が自分の海洋散骨を望んでいるという結果が出ています。理解できると答えた37.8%の人と合わせると6割以上の人が海洋散骨について理解を示している事になり、海洋散骨が市民権を得た結果と言えます。

    https://simpleso.jp/sankotsu/about

 

神奈川でこうだと東京はもっと支持の割合が高そうですね〜。

やっぱり個人主義と宗教離れは繋がっているかもしれません。

神奈川の人はサーファーや海のお仕事に就いている人が多いというのも

理由の一つかもしれませんね。

 

私が死ぬころには、きっと偏見の目が

完全になくなってるだろうな。

むしろ主流になってたりして。

 

自分が東京に住んでいるからなのか、

今もそんなにギャーギャー言う人はいないイメージです。

 

 

 

さて、そんな「海洋散骨」

いくつか種類があるそうです。

 

「海洋散骨」の種類

1 委託散骨

2 合同散骨

3 チャーター船散骨

4 自己手配

 

 

この【シンプル葬の海洋散骨】では

以上の4つの海洋散骨があるそうですね。

 

1 委託散骨

遺族が自分で船へ乗船し散骨するのではなく、散骨事業者へ一切の散骨施行を任せるスタイル

 

2 合同散骨

 

遺族が他の遺族と相乗りで船に乗船され、それぞれの遺族の手で遺骨を海へ散骨するスタイル

 

3 チャーター船散骨

チャーター船に遺族が乗船し、遺族の手で散骨を行うスタイル

 

4 自己手配

散骨事業者のサービスを利用せず、遺族で船をチャーターし、沖合まで出て遺族の手で散骨を行うスタイル

 

ざっと説明するとこんな感じです。便利ですね。

チャーター船散骨とかすごいな〜って思いました。1から自分でできますね…!

 

詳しくは

こちらをご参照ください。

 

 

以上、いくつか手短?に

ご紹介させていただきましたがいかがでしょうか。

 

ご遺族様に勧めるのがはばかられる方でも

ご自身に選択してみてるのはいかがでしょうか。

 

「海洋散骨」を良しとしてご選択される方も

【シンプル葬の海洋散骨】ではいろいろな弔い方を

ご提案しているみたいなので

よかったら他にもご覧いただければと思います。